日本著作出版支援機構

お問い合せ jowslogoR.jpg

日本著作出版支援機構

日本著作出版支援機構(JOWS)は、日本におけるあらゆる著作・コンテンツを表現し、情報を発信していく人を支援する団体です。


■日本著作出版支援機構(JOWS)とは?

日本著作出版支援機構(JOWS)の英語表記は、「Japanese Organization for Writing andPublication Support」です。
この記載でわかりますように、私たち日本著作出版支援機構(JOWS)は、文芸分野となる著者や作家はもちろん、芸術の分野となる作曲家、作詞家、音楽家、演奏家、画家、振付師、デザイナーなど、あらゆるコンテンツホルダーのみなさんが情報発信者となって行う著作(writing)創作活動及び出版(publication)表現活動を支援(support)していくことをミッションとしている組織です。
おそらく人間すべての創作活動、表現活動がその対象となり、茶道家や舞踏家などの日本文化や芸術、創造、建築などもその対象になっていきます。私たちはこれらのうち、書籍及び音楽の出版分野を特に活動の中心としていきます。その活動の中には、情報発信者たる権利者の方から著作権の相談を受けることもでてきます。それら権利関係についての支援を行うこともあります。海外の著作出版団体とお互いが相互補完、相互発展する活動も行っていきます。


■日本著作出版支援機構(JOWS)が行う出版支援

日本著作出版支援機構(JOWS)は、膨大な数の著作出版の機会及び選択肢をデータベース化し、書籍、講演、音楽、放送、ネット配信などさまざまな出版の形について、権利者が簡単な手続きと適正な料金でそれら著作の出版活動ができる組織になっています。そして私たち日本著作出版支援機構(JOWS)は、全国のあらゆる書籍出版社、音楽出版社とネットワークを構築し、権利者が保有する著作物の出版機会を創出、出版の実現を支援していきます。


■日本著作出版支援機構(JOWS)の活動

出版支援業務に加え、出版支援業界で活動するために必要となる知識や情報の提供活動を、各種セミナーや勉強会の開催を通じて行い、また、業界の標準的な基準を定め、資格化することによる業界の健全な発展を目指していきます。東京にある本部のほか、全国の主要都市に支部を設置し、主に勉強会やセミナー、研修会を通じて、出版支援業務の重要性、社会貢献性やその意義を周知していく活動を行い、また、出版支援業界で活躍するために必要となる各種資格の認定、検定活動も全国で行っていくなど、出版支援業界では他に類をみないきめの細かな活動を行っていきます。その結果、出版支援業界において信頼できる作家エージェント、出版プロデューサー、出版コンサルタントなどを組織化し、出版支援業界全体が世の中に認められ、その社会的地位を向上させていくために必要となる活動も行っていきます。


■日本著作出版支援機構(JOWS)の歩みとこれから

日本著作出版支援機構(JOWS)は、2001年に創設された任意団体起業家大学がその生い立ちであり始まりです。当時はまだインターネットが今ほど発達しておらず、一部でブロードバンドがスタートした程度でした。その時点から、著作権が今後重要な地位を占め、あらゆるコンテンツの核をなすことを想定した動きを行っておりました。起業家大学が創設当時行っていた情報コンテンツ販売はその一端です。その後、起業家大学では著作権をはじめとする知的財産権を重視した活動を行い、2007年に内閣府の認証を受けNPO法人を設立、分離、独立させると同時に、日本著作出版支援機構(JOWS)を株式会社へと改組、その担う役割を、知的財産権の管理、運営、利用も含めた著作出版支援業務に特化した事業を行うことになりました。
グーデンベルグの活版印刷の発明以後約500年を迎え、デジタル技術によってコストをかけずに誰でも著作出版活動が実現できる時代を迎えた今、あらためて営利性の追求による価値を自覚、体現し、健全で永続する組織づくりを重視、さらに業務の特殊性と公共性を鑑み、その社会的影響力と立場を自覚していくとともに、10年近くに及ぶ実績と経験をベースにデジタル化・ネットワーク化時代の著作出版支援のあり方を追求していきます。また、出版支援業界のルールづくりを担い、表現者が行う著作活動を支援し、人間にとって一生の財産となるかけがえのない著作出版支援文化の普及・発展に尽くしてまいります。


■NPO法人起業家大学と日本著作出版支援機構(JOWS)の関係について

日本著作出版支援機構はその創業及び歴史的経緯から、内閣府の認証を受けNPO法人となった起業家大学と今現在も緊密に連携しています。かつての起業家大学に帰属していた権利の全ては、その前身運営主体である日本著作出版支援機構の権利であり、新設されたNPO法人たる起業家大学にその権利が帰属していないことを鑑み、公共性が高い起業家大学の活動に支障が及ばないように、また、著者としての起業家大学が行うあらゆる出版活動を支援するという目的も含め、日本著作出版支援機構は起業家大学へその管理、帰属している知的財産権及び出版される著作物を必要に応じて無償で提供しています。また、今後起業家大学が行う活動において、必要とされる部分についてはこれまでどおり日本著作出版支援機構にその知的財産権が帰属することも相互に理解、合意し、更なる協力関係を維持強化、発展させていきます

【組織概要】

会社名(商号)
日本著作出版支援機構株式会社
運営団体名(屋号)
起業家大学(R)、日本著作出版支援機構(R)
運営事業
起業家大学出版
.FM放送「ベストセラーズチャンネル」
.FM放送「ベンチャーチャンネル」
会社法人等番号
0106-01-036788
公  告
官報にて掲載
目  的
1.知的財産の実施、使用、利用許諾、維持、管理及び出版に関する業務
2.映像、画像、音楽、書籍、雑誌等著作物の企画、編集、制作、出版及び販売
3.音声番組、映像番組等各種放送番組の企画、編集、制作及び販売 他
所 在 地
〒135-0063 東京都江東区有明3丁目7−26 有明フロンティアビルB棟9階
電  話
03-4590-9977
※各種ご相談、お問い合わせはお電話では承っておりません。
まずはこちらからご連絡ください。

なお、内容によりいただいたご質問には回答できない場合もございます。
特に、個人の方の執筆相談、出版相談には一切ご回答、アドバイス等は行なっておりません。予めご了承ください。

F A X
03-4590-9988
設  立
2002年(平成14年)10月7日
人  員
約7名(平成21年1月現在)
代  表
主藤 孝司
特別顧問(起業家大学)
林 成之(脳神経外科医 元日本大学総合化学研究科教授)
英語表記
Japanese Organization for Writing and Publication Support
登録商標・商標
以下は日本著作出版支援機構又は起業家大学グループ各団体の登録商標です。
起業家大学、日本著作出版支援機構、.FM放送、ベストセラーFM、ベストセラーズチャンネル、ベストセラーズサミット、ネットビジネスサミット、ベストセラー名鑑、出版コンサルタント、出版プロデューサー、出版エージェント、出版アドバイザー、出版アナリスト、出版カウンセラー、出版デザイナー、出版秘書、出版工学、セルフパブリッシャー、ブックナビゲーター、ブックパーソナリティ、起業家殿堂、戦略出版、経営出版、ライティングデザイナー、バイブルマーケティング、バイブルビジネス、バイブル出版、ブックファイナンス、ブックマーケティング、勝負脳、成功脳、オーディオゼミナール、ブックモチベーション、ブックリクルート、出版工学、ブックマネジメント、ブックカウンセラー、ネオパブリッシャー、コンサルティング出版、出版顧問、ライティングデザイナー、バリューブランディング、ブックセールス
※なお、本文中では、TM、(R)マークは明記していない場合もございます。
事務・管理
弊社業務の一部はグループ企業の商工事務局株式会社が受託し、運営、実施ております。

【沿  革】

2001年12月
創設者たちによる起業家支援企画発案
2002年10月
運営主体有限会社起業家グループ設立
2002年11月
起業家大学部門発足
2003年1月
著作権管理部門発足
2003年4月
著作出版部門発足
2007年10月
ラジオ番組企画部門発足
2007年12月
内閣府よりNPO法人起業家大学認証
2008年 2月
内閣府認証NPO法人起業家大学設立
2008年 8月
日本著作出版支援機構株式会社発足
2008年10月
出版局設立
2009年10月
「ベストセラーズチャンネル」出演ゲスト100名を突破
2010年1月
「ベストセラーズトークライブ」スタート
2010年7月
「ベストセラーズサミット2010」開催
2011年5月
出版社向け出版支援事業開始
2013年9月
出版社向け経営改革支援事業開始
2014年1月
テレワークによる事業運営を東京、北海道、福岡、兵庫にてβ版として開始